食品と天然サプリメント

19 12月

食品と天然サプリメント

食品ではなくサプリメントで不足している栄養成分を補う場合、どういった点に気をつけたらよいのでしょうか。サプリメントには、天然素材と合成素材の2種類があります。やはり、食品の代わりにサプリメントで栄養を補う目的なのであれば、合成素材のサプリメントではなく、天然のものが良いといえます。本来、人はサプリメントではなく食品を食べて生きています。
食品とは天然成分であり、合成成分の入る余地はありません。そのため、合成成分より、天然成分のサプリメントのほうが吸収効率が高いのです。合成成分と、天然成分のサプリメントの吸収率を比較した、天然成分のほうが3倍も多かったといいます。
天然素材とは、突き詰めれば、日頃私たちが食べている食品の、形を変えたものといえるでしょう。体内に吸収された栄養素は単独で機能を果たしてはおらず、別な栄養素と相互関係にあったり、吸収効率を助けたりといった側面もあります。天然素材のサプリメントは、合成素材のサプリメントと比べると、それだけ手間をかけて作られている為、合成のサプリメントよりも高価といえます。
価格だけを見るとデメリットと感じられますが、体の事を考えるならば、やはり天然素材のサプリメントの方が良いと言えます。合成サプリメントの中には、石油系の素材が合成のおおもとの材料になっていることがあります。
精製済みとはいっても、サプリメントの原材料が石油であると言われると、躊躇する人も少なくないでしょう。天然成分よりも、合成成分のサプリメントのほうが、体に何らかの弊害が起きるのではと思う人もいます。天然の成分でつくられたサプリメントのほうが、納得して使えるでしょう。
サプリメントはあくまで補助として使用するものであり、体に必要な栄養素は、可能な限りは食事から補給することが望ましいことです。
デキちゃうけどなかでもいいよね